【❷ケーススタディ8:施設の大規模改修:従来型→個室ユニット型】機能改善の3分類 vol.784

こんにちは♡介護ラボのkanaです。今日は「福祉住環境」の中から『ケーススタディ8:施設の大規模改修:従来型→個室ユニット型』について6回に分けて書いていきます。今回は2回目になります。

高齢者居住施設の機能改善

Contents

1.ケーススタディ8:居住系施設への改修
 1⃣高齢者居住施設の機能改善(3分類)
 (1)第1期(1963年~1980年代)
 (2)第2期(1980年代後半~1990年代)
 (3)第3期(2003年以降~)

1.居住系施設への改修

わが国には介護保険制度開始以前に建設された多床室型の高齢者施設が多数あります。多床室型から個室への転換は、プライバシーの確保に加えて、感染症対策という点からも重要になります。

また、ストックの活用は温室効果ガスの削減にも寄与します。今回は、集団的な介護を前提とした多床室の特別養護老人ホーム(特養)から個室ユニット型への転換事例を6回に分けて書いていきます。

良かったら、

前回:【❶ケーススタディ8:施設の大規模改修:従来型→個室ユニット型】ストック選定の4つの留意点 vol.783 

から見ていただけると、流れがわかりやすくなると思います。

1⃣高齢者居住施設の機能改善(3分類)

高齢者居住施設は、その建設時期により大きく3つに分類できます。

(1)第1期(1963年~1980年代)

第1期は、1963年(昭和38年)に老人福祉法が制定されてからの約20年に造られた施設になります。

第1期の施設は、築40年以上が経過しており、建て替え時期を迎えています。

建て替え時には、施設の使われ方が参照されやすいですが、旧施設の建設当時とは入居者像も社会的背景も大きく異なります。

建て替え時には、プライバシーに配慮した居室空間と、落ち着いた生活が営める共有スペースなど、住まいとしての設えに留意します。

さらに、街中から離れた立地という、「地域から閉じた計画」ではなく、積極的に地域の人々を受け入れる「地域に開いた計画」が求められます。

(2)第2期(1980年代後半~1990年代)

第2期は、1980年代後半から90年代のゴールドプランと新ゴールドプラン期に造られた施設になります。

これらの施設は、築20年~30年が経過していますが、主に鉄筋コンクリート造でつくられており、今後も30年以上の使用が見込まれています。

築20年頃からは、機能的劣化が顕著となり、空調設備やボイラーなどの大型設備の更新や、内装・外装の大規模修繕が必要となります。

大規模修繕時には、建設時の状態に機能を戻すのではなく、機能の向上を含めたリノベーションを行うことが望ましいです。

機能向上としては、多床室から個室への改修や、ユニット型への転換が求められます。

個室ユニットへの変更は、プライバシーや馴染みの関係など様々な利点がありますが、COVID-19以降、感染症対策という面からもその重要性が増しています。

個室は、感染者の隔離が行いやすく、ユニット型は感染範囲の区画が行いやすいので、大規模なクラスターの発生を防ぐためにも、ユニット型への転換が求められています。

(3)第3期(2003年以降~)

第3期は、2003年(平成15年)の特別養護老人ホームの個室ユニット型の制度化以降に造れた施設なります。

第3期の個室ユニット型施設については、大規模修繕に備えた計画が必要となります。

居住型の施設は、24時間365日稼働しており、設備機器の急な故障は、入居者の生活やケアに大きな影響を及ぼします。

壊れてから直すのではなく、壊れる前に点検し、事前に設備を更新します。

そのためにも各施設は、長期修繕計画を立案し、事前に対応していく必要があります。

今回はここまで。次回は「多床室型から個室ユニット型への転換」について書いていきます。良かったら見に来てください!

ケーススタディ

他の『ケーススタディ』記事はこちらから・・・
【①ケーススタディ1:住宅編】脳性麻痺のある子どもがいる家族の転居 vol.748
【②ケーススタディ1:住宅編(脳性麻痺のある子ども)】課題の検討・3つのリフト案 vol.749
【③ケーススタディ1:住宅編(脳性麻痺のある子ども)】リフト設置計画における3つの配慮 vol.750
【④ケーススタディ1:住宅編(脳性麻痺のある子ども)】リフト設置後の2つの課題と3つの変化 vol.751
【❶ケーススタディ2:障害者の転居先の改修】築45年の戸建住宅からマンションへ vol.752
【❷ケーススタディ2:障害者の転居先の改修】プランニングのポイント vol.753
【❸ケーススタディ2:障害者の転居先の改修】制度の利用(日常生活用具給付等事業) vol.754
【❹ケーススタディ2:障害者の転居先の改修】改修の6つの問題点 vol.755
【❺ケーススタディ2:障害者の転居先の改修】工事結果の7つの評価 vol.756
【①ケーススタディ3:脳梗塞による障害を持つ高齢者の住宅改修】ヒアリングで課題の整理 vol.757
【②ケーススタディ3:脳梗塞による障害を持つ高齢者の住宅改修】4つの課題と対応策 vol.758
【③ケーススタディ3:脳梗塞による障害を持つ高齢者の住宅改修】介護保険制度の利用 vol.759
【④ケーススタディ3:脳梗塞による障害を持つ高齢者の住宅改修】今後のフォローアップ vol.760
【❶ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】3つの課題 vol.761
【❷ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】東京都の設備基準 vol.762
【❸ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】入居者・設計士の選定 vol.763
【❹ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】設計に求めた3つの要望 vol.764
【❺ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】資金計画(設備資金/内訳) vol.765
【❻ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】ヘルパーの確保と食事の課題 vol.766
【❼ケーススタディ4:重度身体障害者・グループホームの開設】開設までのスケジュール vol.767
【①ケーススタディ5:地域密着型・有料老人ホームの開設】対象ケースの概要 vol.768
【②ケーススタディ5:地域密着型・有料老人ホームの開設】住民主導の福祉 vol.769
【③ケーススタディ5:地域密着型・有料老人ホームの開設】通所介護事業の開設 vol.770
【④ケーススタディ5:地域密着型・有料老人ホームの開設】住民から土地の提供を受ける vol.771
【⑤ケーススタディ5:地域密着型・有料老人ホームの開設】「風の丘」の機能や特徴 vol.772
【⑥ケーススタディ5:地域密着型・有料老人ホームの開設】活動を継続するためには? vol.773
【❶ケーススタディ6:地域共生社会】介護予防・住民主体の支え合い vol.774

気になるワードがありましたら、下記の「ワード」若しくは、サイドバー(携帯スマホは最下部)に「サイト内検索」があります。良かったらキーワード検索してみて下さい(^▽^)/

ADL QOL ケーススタディ コミュニケーション チームマネジメント バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 社会保障 福祉コミュニティ 福祉住環境 福祉住環境コーディネーター 福祉住環境整備 福祉用具 経管栄養 老化 脳性麻痺 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 障害者総合支援制度 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





Follow me!