【❷高齢者ケア・聞き書き】認知症の人への聞き書きは可能か? vol.402

こんにちは。介護ラボのkanaです。今日は「認知症の理解」の中から『聞き書き』について、昨日と今日の2回に分けてまとめていきます。

開かれた聞き書きで大切にしたいこと

Contents

1.開かれた聞き書きのすすめ
 1⃣忙しい介護現場では聞き書きは難しい?
 2⃣開かれた聞き書きによるカルタづくり
 (1)食堂・デイルームなど皆の前で行う
 (2)周りの高齢者や職員にも参加してもらう
 (3)読み札づくりも皆で一緒に行う
 (4)他の高齢者や職員のカルタも作り、皆で遊ぶ
 3⃣開かれた聞き書きで大切にしたいこと
 (1)皆を巻き込んで力を借りる
 (2)ルールは設けず予想外の展開を楽しむ
2.認知症の人への聞き書きは可能か?

1.開かれた聞き書きのすすめ

1⃣忙しい介護現場では聞き書きは難しい?

昨日の『【❶高齢者ケア・聞き書き】介護現場での聞き書きの意味とは?? vol.401』にも書きましたが、実際に聞き書きをしようと思っても、「聞き書きで高齢者の人生が理解できればその人との関係はより一層深まるだろうし、人として向き合うこともできるけど、時間に追われている介護現場では現実的に難しいし、文章にまとめる時間もない・・・」という消極的な感想を持つ人も多いかもしれません。

確かに聞き書きには時間と老職が必要ですし、ましてや文章にするのは、それに慣れていない人にはハードルが高く、ただでさえ時間のない介護現場では大きな負担になるかもしれません。

しかし、工夫次第で聞き書きは1人の介護福祉職に大きな負担をかけることなく、みんなで楽しみながら行うことが出来ます。その一例として、今日は開かれた聞き書きによるかるたづくりを書いていきます!

2⃣開かれた聞き書きによるカルタづくり

(1)食堂・デイルームなど皆の前で行う
食堂・デイルームなど皆の前で行う

介護現場での聞き書きは高齢者と介護福祉職との1対1で行われることが多いのですが(閉ざされた聞き書き)、開かれた聞き書きでは、食堂やデイルームなど、他の高齢者や職員がいるところで、1人に対して行います。

つまり、1人の高齢者の語りを、聞き手だけでなく他の利用者や職員たちにも共有してもらう、ということです。

(2)周りの高齢者や職員にも参加してもらう
周りの高齢者や職員にも参加してもらう

最初は、語り手である高齢者が恥ずかしがったり、周りで聞いている人達も戸惑ったりするかもしれません。でも、そのうちに、周りで聞いていた人たちが「私もそうだった」とか、「こういうときはどうだった?」など、自らの経験と重ね合わせて共感したり、興味を持ったりして、聞き書きに参加してくるようになるでしょう。

同世代の高齢者は同じような経験をしていることも多く、彼らが聞き書きに加わってくれることで、語り手が話しやすくなったり、語りの内容が深まったりします。

また、他の職員たちも加わって貰うことも大切です。例えばレクリエーションの一環として行えば、他の職員も参加しやすくなるかもしれません。

(3)読み札づくりも皆で一緒に行う
読み札づくりも皆で一緒に行う

ある程度聞き書きをしたら、最後にカルタの読み札にまとめていきます。レクリエーションとして行うのであれば、読み書き●●分、読み札づくり●●分など、時間配分を決めておくと進めやすいかもしれません。

字数は特に決める必要はありませんが、実際に読み札として作った時におさまる字数である必要はあります。読み札づくりにも、語り手である高齢者や他の利用者、職員たちに加わって貰います。

(4)他の高齢者や職員のカルタも作り、皆で遊ぶ
他の高齢者や職員のカルタも作り、皆で遊ぶ

別の機会に、他の高齢者や職員のカルタも作ってみましょう。全員のカルタが出来上がったら、取り札も作って、皆でレクリエーションとしてカルタで遊んでみるとよいでしょう。

すると、カルタをすることで皆に改めて1人ひとりの思い出が共有されていきますし、そこから新たな語りが生まれてくることもあります。

3⃣開かれた聞き書きで大切にしたいこと

(1)皆を巻き込んで力を借りる
皆を巻き込んで力を借りる

開かれた聞き書きによるカルタづくりでは、他の高齢者や職員も巻き込んで皆の力を借りて行うので、1人の職員に大きな負担が掛かることはありません。

そればかりでなく、「1人の人のカルタをつくる」という、共通の目標に向かって皆で協力を重ねることで、高齢者と職員だけでなく、高齢者同士の関係も深まり、互いに助け合ったり、思いやったりするような雰囲気が出来上がっていきます。

(2)ルールは設けず予想外の展開を楽しむ
ルールは設けず予想外の展開を楽しむ

大人数が参加して聞き書きを行うと、当然横道にそれたり、話が戻ったりすることがあります。でも、そこから語りが豊かに展開していく事も多いので、「こうしてはいけない」「これは聞いてはいけない」という決まりは設けず、予想外の展開を皆で楽しみましょう。

もちろん、語り手が傷ついたり、悲しんだりするようなことは避けなければなりません。

2.認知症の人への聞き書きは可能か?

ここまで、認知症に特に触れてきませんでした。なぜなら、認知症であろうがなかろうが、聞き書きは出来るし、重要だと思っているからです。

確かに、認知症の人の中には、上手く語ることが出来なくなっている人もいます。しかし、認知症の進行にはプロセスがあります。

その人が語れる時に聞き書きをしておくことで、たとえ言葉を発することが出来なくなっても、その人を人として尊重し、大切な存在として向き合うことが出来ます。

また、認知症が進行し言葉が上手く出てこなくなった人でも、その人の語りの文脈や時間の流れに沿って聞いてみると、言わんとしていることが理解できてくるものです。

大切なことは、その人を理解したいという強い思いと、その人が語った言葉にいかに真剣に向き合うかということなのです。

高齢者

他の『高齢者』記事はこちらから・・・
【適応とは?】適応機制とライチャード・2つの分類 vol.22
高齢者の生活支援において大切なこと【10の方法】 vol.55
【老年期の定義】日本と世界の平均寿命、高齢化率とは? vol.82
【介護保険制度】介護保険がつくられた4つの理由! vol.85
【高齢者に多い疾患の特徴と治療】求められる住環境整備 vol.122
【人口減少社会の4つのポイント】高齢社会対策大網3つの考え方 vol.154
【高齢者に多い骨粗鬆症とは?】原因や治療方法、日常生活への影響や支援について vol.216
【高齢者に多い骨折】頸椎圧迫骨折・大腿骨頸部骨折・橈骨遠位端骨折・上腕骨近位部骨折とは? vol.217
【高齢者に多い変形性膝関節症】原因と2つの治療方法について vol.218
【高齢者に多い関節リウマチ】原因と3つの薬物療法について vol.219
【高齢者に多い脊柱管狭窄症】主な症状の4つの特徴、間欠性跛行とは? vol.221
【高齢者に多い消化性潰瘍とは?】胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い vol.233
【高齢者に多い疾患・逆流性食道炎とは?】原因と代表的な4つの症状 vol.234
【高齢者に多い前立腺疾患】前立腺肥大症の第1病期~第3病期とは? vol.236
【高齢者に多い慢性腎臓病(慢性腎不全)】原因となる疾患6種類と11の病気 vol.238
【比較】4つの虐待防止法と虐待の5種類について vol.246
【消費者保護・クーリングオフ制度と個人情報保護法に関する施策】vol.251

気になるワードがありましたら、下記の「ワード」若しくは、サイドバー(携帯スマホは最下部)に「サイト内検索」があります。良かったらキーワード検索してみて下さい(^▽^)/

ADL BPSD QOL コミュニケーション チームマネジメント バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 消火器 生活支援 社会保障 福祉コミュニティ 福祉住環境 福祉住環境コーディネーター 福祉住環境整備 組織 経管栄養 老化 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





Follow me!