認知症の理解

【バリデーションとは?】認知症ケア・6つの基本的態度と12の基本テクニック vol.397

2021-07-15

こんにちは(^▽^)/ 介護ラボのkanaです。今日は「認知症の理解」の中から『バリデーション』について書いていきます。

バリデーショントライアングル

Contents

1.バリデーション
 1⃣バリデーションとは?
 ◉バリデーショントライアングル
 (1)バリデーション6つの基本的態度
 (2)バリデーション12の基本テクニック
2.バリデーションの実際(事例)

1.バリデーション

1⃣バリデーションとは?

バリデーションとは?

バリデーションとは、アルツハイマー型認知症及び類似の認知症の高齢者とのコミュニケーション法です。特に認知症の高齢者の感情に焦点を当てることが特徴です。

感情に焦点を当てる理由は、認知症の高齢者の症状が進行していき、やがて認知機能が大幅に低下して植物状態に近づいたとしても、感情は残るためです。

失われていく認知レベルに焦点を当てるより、最後まで失わない感情レベルに焦点を当てることが本人にも介護する側にもより良い方法ではないかと、開発者のファイル(Feil,N.)は考えました。

バリデーションによって感情を表出し、その思いを受け入れられた認知症の高齢者は、まるで失った身体的・知的機能を復活させたかのように元気を取り戻すことがあります。

それは、人生最後のステージにおいて認知症になり、様々な喪失体験を加速せざるを得ない高齢者に対して、最後までその人らしく生きること、当たり前でありながらこれまで成しえなかったことを介護者が可能にするための方法論だといえます。

◉バリデーショントライアングル
(1)バリデーション6つの基本的態度

バリデーションには下記に示す「6つの基本的態度」があります。

  • 傾聴する
  • 誘導しない・ペースを合わせる
  • 共感する・カリブレーション
  • 嘘をつかない
  • 強制しない・受容する
  • ごまかさない
(2)バリデーション12の基本テクニック

そして、基本テクニックとして下記に示す「12の方法」があります。

❶リフレージング(キーワードを反復する)

❷オープンクエスッチョン

❸カリブレーション(感情を一致させる)

❹反対のことを想像する

❺極端な表現

❻レミニシング(昔話をする)

❼行動と欲求を結び付ける

❽タッチング

❾ミラーリング

❿音楽を使う

⓫センタリング

⓬好きな感覚を使う

2.バリデーションの実際(事例)

事例:〇さん

【〇さん、女性、89歳、要介護4】
・脳出血のため、右片麻痺、認知症、失語症の後遺症が残る。現在特別養護老人ホームに入所している。

〇さんは、上記のように脳出血の後遺症による失語症と診断されており、殆ど言葉を話せない高齢者であるとの情報を得ていました。しかし、約20分間、時折聞き取りにくい箇所はありましたが、〇さんはしっかりとした大きな声で自分の人生歴であるライフヒストリーを語りました。

【〇さんとのバリデーションの事例】
W=バリデーションワーカー、〇=〇さん

(W):〇さん、会いたい人はいませんか?
(〇):恥ずかしい話だけど、いないんです。
(W):恥ずかしい話だけど、いない。
   ※リフレージング(キーワードを反復する)
(〇):(うなずく)
(W):恥ずかしい?会いたい人がいないのは恥ずかしいですか?
   ※(基本的態度)ごまかさない
(〇):身内が居ない
(W):あぁ、身内が居ない
   ※リフレージング
(〇):姪っ子が1人だけ。
(W):そうですか。
(〇):親や兄弟は皆亡くなってしまいました。
(W):そうだったんですか。悲しいですね。
(〇):でも、たまに姪っ子がたまに会いに来てくれるのが楽しみになっています。
(W):それは嬉しいですね。そこに飾ってある写真は姪っ子さんですか?
(〇):そうです。昔一緒に旅行に行った時の写真です。
(W):綺麗なところですね。2人とも笑顔が素敵です。
(〇):ありがとう(涙を流しながら)、あの頃は楽しかった。
(W):今も姪っ子さんが〇さんに会いに来てくれるじゃないですか。優しい姪っ子さんで良かったですね。
   ※タッチングしながら話を聞く
   ※欲求と行動を結び付ける
(〇):そうですね。ありがとう(笑顔)。今度の週末に来てくれるみたいなので楽しみにしてるんですよ。
(W):良かったですね。

失語症の診断が出ていて、話すことをあまりしなかった〇さんは、バリデーションワーカーによる言語・非言語のテクニックや基本的態度により「受け入れられた」ことを実感し、自分の話に至ったと考えられます。

利用者さんは、今まで生きてきた生活歴や人生歴があり、簡単に会話ができる状況ではないかもしれません。

今回のバリデーションのテクニックである、「傾聴しながらペースを合わせ、共感・受容する」ことで、少しずつコミュニケーションを図ることが出来ることもありますので、手法を知り実際に使うことはとても大切です。

認知症ケア
認知症

他の『認知症』記事はこちらから・・・
【認知症とは何か?】定義と診断基準、認知症状の全体像について vol.65
【認知症の特徴】多様な原因疾患、治療可能な認知症とは? vol.66
【①認知症の病理】脳の構造と症状との関係 vol.69
【②認知症の病理】うつの理解、老化と認知症の関係 vol.70
認知症の人の心理【不安・喪失感を抱く理由】vol.91
【パーソンセンタードケアとは?】5つの葉と3つのステップ vol.92
【認知症の特徴と治療】生活上の問題点・6つの福祉住環境整備 vol.126
【健忘と認知症の違い】高齢者の危機感を和らげる3つの方法 vol.169
【①BPSDの定義】4つの分類と100以上の行動症状 vol.199
【②BPSD】5つの介入困難な背景要因と7つの介入可能な背景要因 vol.201
【③BPSD】11個の主要なBPSD・個別の背景因子について vol.202
【①認知症6つの評価法】長谷川式認知症スケール(HDS-R)とは? vol.203
【①認知症の重症度判定】日常生活自立度判定基準とは? vol.204
【アルツハイマー型認知症の原因疾患】病態・症状・経過について vol.205
【血管性認知症の原因疾患】病態・疾患・経過について vol.206
【レビー小体型認知症の原因疾患】病態・疾患・経過について vol.207
【前頭側頭型認知症の原因疾患】病態・疾患・経過について vol.208
【3種類の治療可能な認知症】病態・疾患・経過について vol.209
【若年性認知症とは?】病態・疾患・経過、認知症鑑別診断(DDQ-43) vol.210
【①認知症の中核症状とは?】記憶障害・見当識障害・遂行機能障害について vol.211
【②認知症の中核症状】空間・視覚・社会的認知障害について vol.212
【③認知症の中核症状:失語・失行・失認】病識保持事例と病識低下事例の比較 vol.213
【認知症の治療薬】 保険適応がある4つの薬剤とは?? vol-388
【認知症の予防】アルツハイマー型認知症の危険因子とは? vol.389
【❶これまでの認知症を取り巻く状況】治療優先、集団管理的ケアの時代とは? vol.390
【❸これまで→これからの認知症を取り巻く状況】6つの共生型サービスとは? vol.392
【認知症ケアの理念】なぜ理念を重視するのか? vol.393

気になるワードがありましたら、下記の「ワード」若しくは、サイドバー(携帯スマホは最下部)に「サイト内検索」があります。良かったらキーワード検索してみて下さい(^▽^)/

ADL QOL グループホーム ケーススタディ コミュニケーション ノーマライゼーション バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 社会保障 福祉住環境 福祉住環境整備 福祉用具 経管栄養 老化 脳性麻痺 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 障害者総合支援制度 障害者総合支援法 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kana

はじめまして(^-^)/
介護ラボのカナです。
ブロガー歴2年半(818記事執筆)
介護のあれこれを2020年6月~2022年9/8まで毎日投稿(現在リライト作業中)

社会人経験10➡介護の専門学校➡2021年3月卒業➡2021年4月~回復期のリハビリテーション病院で介護福祉士として就業中。

好きな言葉は『日日是好日』
「福祉住環境コーディネーター2級」「介護福祉士」 ◉現在福祉住環境コーディネーター1級勉強中!
介護のことを少しでも分かり易く書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします♡

-認知症の理解
-, , ,