障害別に見た福祉住環境整備

【①聴覚・言語障害】伝音難聴と感音難聴の原因疾患・生活上の不自由なこと vol.164

2020-11-24

こんにちは 介護ラボ・カナログのカナです。今日は福祉住環境の中から「視覚障害」について、今日と明日の2回に分けてまとめていきます。

聴覚障害の原因疾患と治療について

Contents

1.聴覚障害
2.聴覚障害の原因と治療・リハビリテーション
 1⃣伝音難聴の原因疾患と治療
 2⃣感音難聴の原因疾患
 3⃣成人期以降に聴覚障害を生じた場合のリハビリテーション
3.聴覚障害の生活上の不便・不自由
4.聴覚障害の生活上の配慮・工夫
5.聴覚障害の福祉住環境3つの整備

1.聴覚障害

「聴覚」とは、空気の振動によってできた音波が耳で受容され、蝸牛で電気信号に変換され、聴神経を通って大脳に伝えられ、音として知覚される感覚のことをいいます。

この聴覚の経路のどこかに機能低下が生じると、聴覚障害(難聴)が起きます。


聴覚の経路は、音の振動を蝸牛に伝える「伝音系」と、音を電気信号に変えて脳に伝え認知する「感応系」に分けられ、前者の障害による難聴を「伝音難聴」、後者を「感音難聴」といいます。
※機能低下のある場所の違いだけでなく、聞こえ方が異なります。

2.聴覚障害の原因と治療・リハビリテーション

1⃣伝音難聴の原因疾患と治療

「伝音難聴」の原因は、中耳・内耳の機能低下・中耳炎が代表的な疾患になります。

慢性中耳炎は、鼓膜に大きな穴が開き、浸出液(耳垂れ)が出ることもあり、重度の場合には手術が行われます。


感音系には障害がないため、比較的言葉の聞き分け能力である「言語音明瞭度」がよく、音を大きくすれば聞き取れます。

※聴覚の改善が望めない場合は、補聴器の適応となります。

2⃣感音難聴の原因疾患

「感音難聴」の原因は、中耳~聴覚中枢の機能低下によるものです。

加齢性(老人性)難聴」「音響外傷性難聴」「突発性難聴」「メニエール病」などが代表的な疾患となります。ただし、原因不明であることも多いです。

  • 加齢性(老人性)難聴:高い音域の聴力から徐々に低下し言葉が聞き取りにくくなる。そのため、話し声は聞こえても、何を言っているか聞き取れない場合がある
  • 外傷性難聴:強大音に一時的にさらされたり、騒音を長時間聴くことによる難聴
  • 突発性難聴:突然耳が聞こえなくなる。一側性であることが多い
  • メニエール病:めまいや発作、耳鳴り、難聴を繰り返す難病

3⃣成人期以降に聴覚障害を生じた場合のリハビリテーション

成人期以降に聴覚障害が生じた場合は、「補聴器」もしくは「人工内耳」を装用します。

この2つはそれぞれ調整と練習・訓練が必要になります。

  • 補聴器:適合調整と慣れるまでの練習が必要となります。
  • 人工内耳:調整と聞き取り訓練が必要となります。

補聴器や人工内耳を装用しても、完全に元の「聞こえ」の状態に戻るとは限りません。そのため、「読話」や「手話」など、新たなコミュニケーション手段の学習、会話の進め方の工夫が必要となります

「聞こえ」とは?

音の高さは周波数(ヘルツ)で表され、値が高くなるほど高い音として聞こえます。人が音として聴くことが出来る範囲は、約20Hzから約20.000Hz程度。音の大きさは、dB(デシベル)という単位で表します。WHOによる難聴の分類では、平均聴力は正常の場合25dB以内で、難聴は軽度から最重度まであり、最重度は91dB以上となります。

3.聴覚障害の生活上の不便・不自由

聴覚障害の生活上の不便・不自由は、様々ですが、代表的なものは下記の5つになります。

  1. 周囲から音や音声言語を通した情報の入手が困難となる
  2. 会話などのコミュニケーションを行うことが困難となる
  3. 外見上障害があることが分からず、必要な援助を得にくい
  4. 受傷時期により障害が異なる
  5. 地域社会や家庭内でコミュニケーション困難や不足が生じると、社会活動や楽しみが減ったり、孤立したりしてしまうことがある

言語習得期以前の聴覚障害は、発声言語の習得が必要になり、発音面でも障害(構音障害)が生じることもあります。

中途で聴覚障害になった場合は、音声言語習得には影響ありませんが、難聴による心理面の問題や、社会生活でのコミュニケーションに問題が生じます。

言葉が聞き取りにくいとは?

音として聞こえますが、言葉は聞き取れない場合があります。感音難聴では一番聞きやすい音声の大きさを超えると、音が耳に響いてかえって語音明瞭度は低下します。また、話す速度が速い、周囲の雑音が多い場合、残響時間が長い場合にも語音明瞭度は低下します。

4.聴覚障害の生活上の配慮・工夫

聴覚障害の生活上の配慮として、コミュニケーションや情報収集の支援が必要になります。そのため、介護者が聴覚障害者とのコミュニケーション方法を工夫することが大切です。

聴覚障害者が他の人とコミュニケーョンが図れるよう、必要な手段や方法を提供することが必要です。そして、聴覚障害者が自立的に周囲の音・情報を得られるよう、福祉用具や代替え手段を活用することが重要になります。

5.聴覚障害の福祉住環境3つの整備

1つ目の整備として、生活空間における音響特性として、

  • 「雑音が少ない」
  • 「必要以上に反響しない」
  • 「衝撃音が出ないようにする」

そのためにも、遮音性の高い壁や窓、吸音性の高い壁や床が必要となります。

2つめは、

  • 「電話のベル」「玄関のチャイム」などの音を聞こえやすくします 。( 音量を大きく、聞きやすい音域・音質にします)

そして3つめは、様々な情報が視覚的に分かるように工夫します。例えば、

  • 電話のベルの代わりに「フレッシュベル」
  • 玄関のチャイムの代わりに「回転灯」や「フラッシュ」

などの室内信号装置を設置します。

気になるワードがありましたら、サイドバー(携帯スマホは最下部)にサイト内検索があります。良かったらキーワード検索、もしくは下記をクリックしてみて下さい(^▽^)/

ADL QOL グループホーム ケーススタディ コミュニケーション ノーマライゼーション バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 社会保障 福祉住環境 福祉住環境整備 福祉用具 経管栄養 老化 脳性麻痺 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 障害者総合支援制度 障害者総合支援法 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kana

はじめまして(^-^)/
介護ラボのカナです。
ブロガー歴2年半(818記事執筆)
介護のあれこれを2020年6月~2022年9/8まで毎日投稿(現在リライト作業中)

社会人経験10➡介護の専門学校➡2021年3月卒業➡2021年4月~回復期のリハビリテーション病院で介護福祉士として就業中。

好きな言葉は『日日是好日』
「福祉住環境コーディネーター2級」「介護福祉士」 ◉現在福祉住環境コーディネーター1級勉強中!
介護のことを少しでも分かり易く書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします♡

-障害別に見た福祉住環境整備
-, , , ,