発達と老化の理解

【高齢者に多い皮膚感染症・疥癬】通常型疥癬とノルウェー型疥癬の比較 vol.430

2021-08-17

こんにちは介護ラボのkanaです。今日は「発達と老化の理解」の中から高齢者に多い皮膚感染症として『疥癬』についてまとめていきます。

疥癬の原因と治療方法

Contents

1.皮膚感染症:疥癬
 1⃣概要
 2⃣原因
 3⃣症状
 ◉通常型疥癬とノルウェー型疥癬の比較
 4⃣治療

1.皮膚感染症:疥癬

1⃣概要

疥癬の概要

疥癬とは、ヒゼンダニという疥癬虫の成虫、虫卵が皮膚の表面の角質層に寄生、拡大することにより起こる皮膚感染症の1つです。

近年、病院内や高齢者の介護施設での集団感染や、介護者への感染の拡大が問題となっています。

2⃣原因

感染経路は、人と人との接触が殆どです。まれに、

  • 患者の衣類
  • リネン

などを介しても感染します。

3⃣症状

通常型疥癬と、感染力の高いノルウェー型疥癬があります。

◉通常型疥癬とノルウェー型疥癬の比較

通常型疥癬】
◉ダニの数:数十匹以下
◉感染力:強くはない
◉隔離:不要
◉感染経路
 ・接触感染
 ・患者との直接接触、患者が使用した寝具や衣類などを関して感染
 ・長い時間の接触で起こる
◉潜伏期間:約1~2か月
◉症状:体幹・四肢に痒い丘疹、小水疱、膿疱
◉消毒方法:熱処理(50℃、10分間の煮沸消毒)

ノルウェー型疥癬
◉ダニの数:100万~200万匹
◉感染力:強い
◉隔離:必要(短期間個室管理)
◉感染経路
 ・接触感染
 ・短時間の接触などでも感染する
◉潜伏期間:約4~5日
◉症状
 ・腹部や股・陰部、手指の間などの皮膚の柔らかい所に激しい痒みと発疹など
 ・高齢者の場合痒みは強くない
◉消毒方法:熱処理(50℃、10分間の煮沸消毒)

通常型疥癬とノルウェー型疥癬ともに消毒方法は変わりません。

痒みは高齢者に多く見られる症状です。本人の訴えと皮膚の状態を注意深く観察します。

日頃から衛生的な環境や、身体の清潔に心掛けることが大切です。

4⃣治療

治療方法として、症状によって下記の外用薬や内服薬を使用します。

【外用薬】

  • フェノトリン(スミスリン)
  • クロタミトン(オイラックス)
  • 安息香酸ベンジル など

【内服薬】

  • イベルメクチンを空腹時に内服します。
疥癬の確定診断

疥癬の確定診断はヒゼンダニを検出することです。疑わしい場合は、早期に皮膚科や専門医を受診し、適切な医療を受けることが重要です。

気になるワードがありましたら、下記の「ワード」若しくは、サイドバー(携帯スマホは最下部)に「サイト内検索」があります。良かったらキーワード検索してみて下さい(^▽^)/

ADL QOL グループホーム ケーススタディ コミュニケーション ノーマライゼーション バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 社会保障 福祉住環境 福祉住環境整備 福祉用具 経管栄養 老化 脳性麻痺 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 障害者総合支援制度 障害者総合支援法 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kana

はじめまして(^-^)/
介護ラボのカナです。
ブロガー歴2年半(818記事執筆)
介護のあれこれを2020年6月~2022年9/8まで毎日投稿(現在リライト作業中)

社会人経験10➡介護の専門学校➡2021年3月卒業➡2021年4月~回復期のリハビリテーション病院で介護福祉士として就業中。

好きな言葉は『日日是好日』
「福祉住環境コーディネーター2級」「介護福祉士」 ◉現在福祉住環境コーディネーター1級勉強中!
介護のことを少しでも分かり易く書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします♡

-発達と老化の理解
-, , , , ,