【❸組織の構造】介護サービスの事業計画に含まれる5項目とは? vol.383

こんにちは(^▽^)/ 介護ラボのkanaです。今日は「人間の理解」の中から『組織の構造』について、一昨日から3回に分けてまとめていきます。今日は最後の3回目になります。

PDCAサイクルと組織管理

Contents

1.事業計画とは
 1⃣事業計画に含まれる5項目
 2⃣事業計画と担当部門
 3⃣PDCAサイクルと組織管理

1.事業計画とは

事業計画とは?

事業計画とは、法人全体で今年度のようなことを、どういった内容で、いつ頃実施するのかを示したもの、つまり「いつ」「どこで」「誰が」「何をする」か?という事業の予定を示した管理表です。

事業計画には、3~5年を想定した中期計画や、それ以上の期間を想定した長期計画もありますが、一般的に事業計画というときには「年間計画」を指します。

法人では、毎年度、昨年度の事業結果をベースにしながら今年度の事業計画を作成します。

そして、法人の事業計画に沿って、各事業所あるいはサービスごとに年間計画や月間計画を作成します。

例えば・・・

  • お花見会
  • 夏祭り
  • 敬老会

といった日々のルーチン以外の介護サービス計画は、法人の事業計画の中に位置づけられ、それぞれの事業所の行事計画として具体化されます。

事業計画に含まれる項目は、大まかに、

  • 経営に関する項目
  • 介護サービスに関する項目
  • 人材の確保と育成に関する項目
  • 地域貢献に関する項目
  • リスク管理に関する項目

等に分けられ次項「1⃣事業計画に含まれる5項目」に示すものがその内容として考えられます。

事業計画で検討する範囲は、後述する様々な管理の内容を多く含みます。

1⃣事業計画に含まれる5項目

1⃣【経営に関する目標と計画策定】

❶「事業数値の目標決定
・主な内容 ➡ 目標サービス利用者数
・担当部門 ➡ 経営・管理部門、中間管理部門

❷「現サービス内容の見直し
・主な内容 ➡ 実施サービス内容について全般の見直し
・担当部門 ➡ 中間管理部門、現場部門

❸「新規事業の検討
・主な内容 ➡ 中・長期を見据えた新サービスの検討
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

❹「契約の更新・見直し
・主な内容 ➡ 外注化(給食サービス)部門の見直し、リース契約の見直し
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

❺「広域活動
・主な内容 ➡ 広報誌・HP等の計画
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

2⃣【介護サービス目標と計画策定】

❶「介護サービスの見直し
・主な内容 ➡ 提供している介護サービスの見直し、アメニティの見直し
・担当部門 ➡ 中間管理部門、現場部門

❷「権利擁護・プライバシー保護・身体拘束廃止の取り組み
・主な内容 ➡ 提供しているサービスの見直し、職員の意識改革への取り組みの検討
・担当部門 ➡ 中間管理部門、現場部門

❸「行事計画
・主な内容 ➡ 年間季節行事計画
・担当部門 ➡ 現場部門

❹「家族支援
・主な内容 ➡ 家族会計画・家族向け広報誌等の計画
・担当部門 ➡現場部門

❺「苦情・クレーム対応
・主な内容 ➡ 苦情・クレームへの職員意識改革への取り組み
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

3⃣【人材確保と育成の計画策定】

❶「新卒者への取り組み
・主な内容 ➡ 新卒を対象にした学校関係・就職フェア・ネット媒体の取り組み
・担当部門 ➡ 経営・管理部門、中間管理部門

❷「既卒者への取り組み
・主な内容 ➡ 既卒者を対象にした求人活動の取り組み
・担当部門 ➡ 経営・管理部門、中間管理部門

❸「福祉実習・福祉体験・福祉ボランティアへの取り組み
・主な内容 ➡ 介護養成学校からの実習受け入れ、地域の小・中・高校生の福祉体験、ボランティアの受け入れ
・担当部門 ➡ 中間管理部門、現場部門

❹「職員研修計画策定
・主な内容 ➡ 施設外研修計画の策定・施設内研修計画の策定、研究発表大会への参加計画
・担当部門 ➡ 経営・管理部門、中間管理部門

❺「職員の福利厚生環境改善計画策定
・主な内容 ➡ 福利厚生の見直し、介護職員キャリアパスの策定や見直し、腰痛・ストレス対策への検討
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

4⃣【リスク管理に向けての計画策定】

❶「介護事故対策
・主な内容 ➡ 提供している介護サービスの見直し、職場環境の見直し、介護事故後の対応見直し
・担当部門 ➡ 経営・管理部門、中間管理部門、現場部門

❷「感染症対策
・主な内容 ➡ 感染症予防、発生後のマニュアルの見直しや備品の見直し、感染症についての研修計画
・担当部門 ➡ 経営・管理部門、中間管理部門、現場部門

❸「防災対策(火災・地震・水害)
・主な内容 ➡ 防災時マニュアルの見直し、防災訓練計画
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

❹「設備・備品に関する計画
・主な内容 ➡ 大型設備等のメンテナンスや点検(外装塗装、エレベーター、エアコン、厨房機器、業務用洗濯機、防災設備等)
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

❺「節電・節水対策
・主な内容 ➡ 業務の見直し、節電・節水への取り組み計画
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

❻「交通安全対策
・主な内容 ➡ 施設車両点検計画・交通安全教育の計画
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

5⃣【地域貢献に関する計画策定】

❶「地域貢献に関する計画策定
・主な内容 ➡ 施設・事業所資源を地域に還元する計画策定(買い物支援、食事提供支援等)
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

❷「地域連携に関する計画策定
・主な内容 ➡ 地域共同行事計画の策定(お祭り、防災訓練等)
・担当部門 ➡ 経営・管理部門

2⃣事業計画と担当部門

前項の表の中にある各項目でも、「経営・管理部門」が担当し検討すべき内容、「中間管理部門」が担当し検討すべき内容、「現場部門」が担当し検討すべき内容があり、部門ごとにその役割や検討内容が異なることが分ると思います。

例えば、感染症の予防対策を検討する場合、現場部門では、職員・利用者に手洗いやうがい、マスク着用の励行・徹底を図るといったことをミーテイング等で決め、意思統一をして実施します。

中間管理部門では、手洗いやマスク着用の励行・徹底の実現に必要な物品(消毒剤、手袋、マスク等)の手配や、利用者の家族へ周知するための通知の準備などを行います。

経営・管理部門では、感染症予防対策に対する法人全体の方針を決め、中間管理部門にそれを伝えるとともに、その対策を各現場部門がづ退化できるように思に財政面・資金面で準備や支援を行います。場合によっては、面会制限等について判断し決定します。

3⃣PDCAサイクルと組織管理

このように、事業計画を作成し、その事業計画に基づく様々な取り組みであるPDCAサイクルを1年間実践し、年度末には事業内容の振り返りを行うことになります。

PDCAサイクルとは?

P(Plan:計画)・D(Do:実行)・C(Check:評価)・A(Action:改善)のPDCAを繰り返すことによって、業務を継続的に改善する手法のこと。

策定した事業計画と目標に対して、何をどこまで達成できたのか、また、なぜ出来なかったのかを評価し、課題を明らかにして、次年度の計画へと結び付ける作業を繰り返し、組織を管理していきます。

介護サービスに関しても、年度当初の計画や目標がどれだけたっせできたのか、関連する事業全体の中で振り返り、評価を行うことで質の高い介護サービスを、個人単位ではなく、各事業所・各サービス単位、また法人単位で実現していくことが出来るといえます。

気になるワードがありましたら、下記の「ワード」若しくは、サイドバー(携帯スマホは最下部)に「サイト内検索」があります。良かったらキーワード検索してみて下さい(^▽^)/

ADL BPSD QOL コミュニケーション チームマネジメント バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 消火器 生活支援 社会保障 福祉コミュニティ 福祉住環境 福祉住環境コーディネーター 福祉住環境整備 組織 経管栄養 老化 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





Follow me!