「障害の理解」は、介護と医療の連携をふまえた実践力の向上として、障害のある人の心理や身体機能を理解し、家族や地域を含めた障害のある人の生活支援について考えていきます。