福祉住環境整備

【就寝】寝室での安全・快適性を配慮した住環境整備 vol.191

こんにちは 介護ラボ・カナログのカナです。今日は福祉住環境の中から「就寝」について

寝室の配置計画の留意点とは?

Contents

1.寝室の配置計画での留意点
 1⃣配置計画
 2⃣スペース
 3⃣窓
4⃣床仕上げ
2.設備機器

1.寝室の配置計画での留意点

高齢者や障害者にとって、寝室は日常生活の拠点とも言える重要な部屋になります。介助が必要位なった場合も考慮して、将来に渡り、安全で快適性を考慮した整備を考えることが必要です。

・家族と一緒を望むなどの希望がある場合、寝室と居間は隣接させます。寝室はできるだけ広い間口(有効幅員1,600㎜以上)とし、寝室と居間の間の建具は、遮音性の高い引き分け戸にします。
・独立性を保つ場合は、居間から離して、日当たりや外出のしやすさ、トイレなどとの位置関係にも留意します。

1⃣配置計画

本人が家族とのコミュニケーションを求めているか、プライバシーを重視しているかで配置は異なります。本人の希望を聞き配置計画を進めることが大切になります。

2⃣スペース

⚫︎高齢者は布団の上げ下ろしや、床面からの立ち上がりが困難になるので、ベッドでの就寝が適しています。広さは、1人なら6〜8畳(車いす使用では8畳)、夫婦では最低8〜12畳を確保します。
⚫︎ベッドの位置、車いすの昇降スペース、介助者の位置など、生活動作を把握します。ベッドの脇に2〜3畳程度の畳スペースを設けると、車椅子への移乗に利用したり、腰掛けることができます。

住宅品確法では?

高齢者等配慮対象等級の等級5、4では、寝室は12㎡以上を要求しています。

3⃣窓

⚫︎屋外の景色を楽しめるよう掃き出し窓などの設置も大切です。掃き出し窓は、車いすの出入りも可能な有効幅員を確保します。バリアフリー対応のサッシなら、下枠の段差もありません。
⚫︎掃き出し窓の屋内外で段差を解消する場合、サッシ外に屋内の床と高さが同じデッキを設け、デッキに繋げてスロープを設置すると車いすで寝室から庭へ出入りしやすくなります。

4⃣床仕上げ

⚫︎滑りにくく、クッション性の良い床材を使用します。コルク材は弾力があり、断熱性も高い。厚さ3〜10㎜程度のできるだけ厚いものを採用します。
⚫︎カーペット敷きの場合は、汚れたら部分的に取り外せるタイルカーペットが望ましい。

2.設備機器

「照明のスイッチの高さ」は、床面から1,000〜1,100㎜程度ですが、上肢に障害がある場合は800〜900㎜が望ましい。

「コンセント」は、床面から200㎜程度ですが、しゃがむ動作が困難であれば、400㎜程度とします。また、「
リモコンスイッチや、緊急時のインターホン、住宅用火災警報器などを設置します。

気になるワードがありましたら、サイドバー(携帯スマホは最下部)にサイト内検索があります。良かったらキーワード検索、もしくは下記をクリックしてみて下さい(^▽^)/

ADL QOL グループホーム ケーススタディ コミュニケーション ノーマライゼーション バリアフリー ブログについて ユニバーサルデザイン 介護の法律や制度 介護サービス 介護予防 介護保険 介護福祉士 介護福祉職 他職種 住環境整備 入浴 入浴の介護 医行為 喀痰吸引 地域包括ケアシステム 多職種 尊厳 感染症 支援 施設 権利擁護 社会保障 福祉住環境 福祉住環境整備 福祉用具 経管栄養 老化 脳性麻痺 自立支援 視覚障害 認知症 誤嚥性肺炎 障害について 障害者 障害者総合支援制度 障害者総合支援法 食事 高齢者


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。よかったら応援お願いします💛

Twitterのフォローよろしくお願いします🥺





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kana

はじめまして(^-^)/
介護ラボのカナです。
ブロガー歴2年半(818記事執筆)
介護のあれこれを2020年6月~2022年9/8まで毎日投稿(現在リライト作業中)

社会人経験10➡介護の専門学校➡2021年3月卒業➡2021年4月~回復期のリハビリテーション病院で介護福祉士として就業中。

好きな言葉は『日日是好日』
「福祉住環境コーディネーター2級」「介護福祉士」 ◉現在福祉住環境コーディネーター1級勉強中!
介護のことを少しでも分かり易く書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします♡

-福祉住環境整備
-, , ,