これからの福祉住環境を取り巻く社会は、持続可能な開発に方向性を定め、国際的な関係や協力を意識することが必要です。基本的な考え方として、ユニバーサルデザインやインクルーシブデザインと通じる理念であり、福祉住環境を考える上での基本とも共通する理念となっています。